FC2ブログ
スポンサードリンク
スポンサードリンク

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月02日 (21:15)

【編集長の目っ!】ヒットするべくして大ヒット、『花男』その強さのヒミツ

■女子大絶賛!! がヒットの秘密であり秘訣!?

 6月28日から公開されている映画『花より男子ファイナル』が、公開2日間で興行収入10億円、動員80.5万人を突破し、今年最大のヒットになっている。“花男”の歴史は以外と古く、92年『月刊マーガレット』で連載がスタート。95年内田有紀主演で実写映画化、96年アニメ化(テレビ朝日系)、01年台湾でドラマ化された「流星花園」が大ヒットし、F4の人気がアジアで爆発。日本にも逆輸入された。そして、05年TBS系秋クールドラマがスタートし、平均視聴率19.7%、最終回SPでは22.4%を記録、07年『花より男子2~リターンズ~』として復活。最高視聴率27.6%という圧倒的な支持を得、シリーズのDVD-BOXも記録的なヒットになっている。そして映画化を望む声が高まる中、今回、完全オリジナルストーリーでスクリーンに登場(復活)した。その前売券は、5月末の時点で20万枚を突破、発売開始一か月で東宝配給実写映画記録を更新するなど、公開前からものすごい盛り上がりを見せていた。そして主演の牧野つくし(井上真央)とF4(松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力)による徹底的なプロモーションで煽りは万全、そんな状態で公開を迎え、前出の数字を打ち立てた。

   引き込まれてしまうストーリー、シチュエーション、キャラクター設定、様々な要素が大人から子供まで、女子ゴコロ、男子ゴココをガッチリつかんだ。実際に公開2日目に映画館に足を運んでみたが、そこに来ているお客さんを見るとそれもうなづける。こんなに広い層から、老若男女から愛されているのかと、大ヒットの大きな要因を垣間見た気がした。

 とはいえ、何よりもこのシリーズの強みは、全ての女子の願い、想い、希望を全て叶えてくれる内容だからなのではないだろうか。リアルな世界とキラキラしたファンタジーな世界とが絶妙な加減で交錯し、女子はつくしに、男子はF4に、またその逆も然りで、感情移入しやすい内容になっているところだろう。“セレブと貧乏人の恋”という大きなテーマに、夢、友情、切なさ、意表をついた展開、人間臭さといった様々な要素が絡み、その結果、抜群の“温度感”が生まれた。ベタになりすぎず、カッコよさだけではなく、ユーモアさも多分に含んでいるところに共感、共鳴できたのではないだろうか。ファンタジーであり、リアルさもしっかりと感じることができ、女子としてはまさに“完全無欠”の世界、なのではないだろうか。

  また“花男”に欠かせないのが、音楽だ。映画の主題歌・嵐の「One Love」は6月25日に発売され、見事7/7付のオリコンシングルランキングの1位に登場。初動で約31.4万枚を売上げ、好スタートを切った。嵐はドラマの主題歌も全て手がけ、どれも大ヒットになっている。またドラマシリーズでは挿入歌としてそれぞれ大塚愛「プラネタリウム」(約32万枚)、宇多田ヒカル「Flavor Of Life 」(約65万枚)が印象的なシーンで使われていたが、映画ではaikoの「KissHug」(7/23発売)がせつなさを演出してくれている。女子から圧倒的な支持を得ているaikoが放つ、主人公つくしの心情を見事に描いた“せつなソング”、こちらも大ヒットしそうだ。

 魅力的なキャスト陣、女子ゴコロをわしづかみにすると同時に性別、世代を越え、全ての人達を魅了させるそのストーリーも含めた世界観、そしてイイ音楽……“花男”はまさにヒットするべくして大ヒットした、極上のエンターテイメント作品なのだ。


スポンサーサイト
カテゴリ : youtube記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://nikanyoutubeanime.blog104.fc2.com/tb.php/2074-4e529826
プロフィール

ユーチューブアニメ

Author:ユーチューブアニメ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

Appendix


Google

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

スポンサードリンク

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。