FC2ブログ
スポンサードリンク
スポンサードリンク

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月07日 (14:35)

<エチゼンクラゲ>なぜ?今年は姿見せず…首かしげる水産庁

毎年のように深刻な漁業被害を与える大型のエチゼンクラゲが、今シーズンは日本海上でほとんど目撃されていない。水産庁は「極めて珍しい。姿を現さない理由も見当がつかない」と首をかしげている。

 エチゼンクラゲは中国沿岸で発生し、最大で傘の直径が2メートル、重さ150キロにもなる。主に対馬海流に乗って8月から翌年2月ごろ日本海沿岸を漂流し、出現のピークは10、11月。1回の定置網漁で3000匹以上がかかる場合もある。網を破ったり、網の中で魚を圧迫して鮮度を落とすなどの被害を与え、漁師を悩ませている。

 ところが今年は、今月に入って漁船が1、2匹目撃した以外は、東シナ海に出漁した船から「クラゲを見た」という報告が漁業情報サービスセンター(東京都中央区)に数件入っている程度。だが過去の苦い経験があるだけに、水産庁漁場資源課は「(漂流がなくても)安全宣言を出すつもりはない」と警戒を緩めていない。

 クラゲの生態に詳しい上真一・広島大副学長(生物海洋学)は「今年は中国沿岸での発生が少なかったので、漂流数も少ないことは予想していた。ただ中国沿岸で現地調査を進めない限り、クラゲの発生、増減のメカニズムは解明できないのではないか」と話した。
スポンサーサイト
カテゴリ : youtube記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://nikanyoutubeanime.blog104.fc2.com/tb.php/2091-a4681aae
プロフィール

ユーチューブアニメ

Author:ユーチューブアニメ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

Appendix


Google

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

スポンサードリンク

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。