スポンサードリンク
スポンサードリンク

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月10日 (22:10)

西武、日本一は常勝軍団への第一歩

力なく三塁前に転がる打球の行方を確認する間もなく、打者のスイングと同時に三塁走者・片岡易之は猛然と本塁へダッシュした。その走りになんの迷いもない。前進守備を敷いた三塁手、小笠原道大が素早く捕球し、ホームへ送球するも、タッチプレーにすら持ち込めないほど、片岡の足が完全にそれを勝った。

 流れが二転三転した2008年のプロ野球日本シリーズ。最後の大きな流れを引き寄せたのは“2008年型レオ”の積極的な走塁だった。

「走って流れをつくるのが僕の役目」

 クライマックスシリーズから続く長いポストシーズン。片岡は、シーズン中と変わらぬアグレッシブな攻撃を心がけた。5回試みた盗塁はすべて成功。その驚異的な足が相手バッテリーのプレッシャーとなり着々と追い込んだ。






 その一方で、走塁ミスから相手に流れを引き渡す場面もあった。第1戦では初回の先制機に、巨人・上原浩治の執拗なけん制球で刺されると、この日の第7戦でも初回1死三塁のこれまた先制機に打者中島裕之のショートゴロで三本間に挟まれチャンスをつぶした。

 それでも三塁側ベンチで見守る埼玉西武・渡辺久信監督はこうした片岡の攻撃的な姿勢を支持している。
「消極的なミスはダメだけど、積極的なプレーで出たミスはしょうがないよ」
 常日ごろからこうしたミスで雷を落とすことはまずない。そのスタイルと、それを許すチームの環境が結果的にギャンブルプレーともとらえかねない片岡の好走塁を導き出した。
スポンサーサイト
カテゴリ : youtube記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://nikanyoutubeanime.blog104.fc2.com/tb.php/2096-191be90b
プロフィール

ユーチューブアニメ

Author:ユーチューブアニメ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

Appendix


Google

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

スポンサードリンク

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。